日本の歳時記 今日の暦(こよみ)

 

今日はどんな日

日本には移り変わる四季があり、景色はそれぞれの季節にそれぞれの表情を見せてくれます。日本の暦では、四季をそれぞれ初、仲、晩(初春、仲春、晩春 etc)の三つの時期に分けられます。

また四季をそれぞれ六つの時候に分け季節を表す二十四節気(立春、雨水、啓蟄、春分 etc)、さらにそれを細かく3等分して七十二の候に分けた七十二候といった時候の表し方があります。

いずれも自然の表情を、言葉に取り入れ季節を表したもので、私達が普段の生活のなかで気付きにくくなっている季節感を、あらためて教えてくれるものでしょう。

いまの時候を心に留めながら歩けば、いつもの街並にも普段は気付かない何かが発見出来るかもしれません。

月名

一月 睦月(むつき)

一年の始まりにあたり、老若男女、親族などが互いに行き来し、集まり人々が親しく睦ぶ(むつぶ)月との意味

 

二十四節気

小寒(しょうかん) 1月6日頃

小寒のしめす節気(1/6~1/20)はさらに初候、次候、末候と分けられます。

       (つぎの七十二候を見て下さい。)

 

 「冬至より一陽起きるが故に陰気に逆らう故、益々冷ゆる也。」

 厳寒の時期はまだ先ながらも、寒さもいよいよ本格的なものとなってくる頃です。

 この日からが「寒の入り」とされ、寒中見舞もこの日より出されます。

 5日頃からは仕事も本格的に始まり、7日までは「松の内」と言われますが、これ以降は正月の飾りもはずされお屠蘇気分も抜けてきます。

 7日には七草の入った「七草粥」を食べる風習もあります。邪気を払い、無病を祈るために食べられるようになりましたが、現在でもお正月のご馳走やお酒でちょっと負担のかかったお腹には、こんなやさしいお粥がよいのではないでしょうか。

 第2月曜日には、「成人式」が各地で行われ、振袖姿や袴姿の新成人も沢山見かける事ができます。

 着物を着て七福神巡りなども、楽しい事と思います。

 

七十二候

雉始めて鳴く(きじはじめてなく)

(小寒の末項 1/15~1/20)

雄の雉が鳴き始める時期

 

1月18日

都バスの日 1924(大正13)年のこの日、東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業を開始した

[お誕生日おめでとう] (今日誕生した人)

シャルル・ド・モンテスキュー 1689年(元禄2年)生まれ
フランス、哲学者
小椋佳 1944年(昭和19年)生まれ
シンガー・ソング・ライター
ビートたけし 1947年(昭和22年)生まれ
 
衣笠祥雄 1947年(昭和22年)生まれ
プロ野球選手
森山良子 1948年(昭和23年)生まれ
歌手
ケビン・コスナー 1955年(昭和30年)生まれ
アメリカ、俳優
秋野暢子 1957年(昭和32年)生まれ
女優
桑江知子 1960年(昭和35年)生まれ
歌手
片桐はいり 1963年(昭和38年)生まれ
女優

[ご愁傷さまです] (今日お亡くなりになった人)

グレン・フライ 2016年(平成28年)没、67歳
アメリカ、ミュージシャン、イーグルス

[今日の出来事]

1657年(明暦3年) 江戸で明暦の大火(振袖火事)。死者10万人以上。江戸城天守閣が焼失
1890年(明治23年) 富山で米騒動、全国に飛び火
1924年(大正13年) 東京で公営の乗り合いバスが営業開始
1969年(昭和44年) 東大・安田講堂を占拠した学生を排除するため機動隊が出動

営業日カレンダー

<<前月 2020/1 翌月>>
30
31
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
 
13
 
14
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
1
2
 

    休業日
    展示会

玉川屋呉服店

150-0044 東京都渋谷区円山町5-3(道玄坂上)
03-3463-2527

営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日、祝・祭日(展示会期間中は営業する場合もあり)