日本の歳時記 今日の暦(こよみ)

 

今日はどんな日

日本には移り変わる四季があり、景色はそれぞれの季節にそれぞれの表情を見せてくれます。日本の暦では、四季をそれぞれ初、仲、晩(初春、仲春、晩春 etc)の三つの時期に分けられます。

また四季をそれぞれ六つの時候に分け季節を表す二十四節気(立春、雨水、啓蟄、春分 etc)、さらにそれを細かく3等分して七十二の候に分けた七十二候といった時候の表し方があります。

いずれも自然の表情を、言葉に取り入れ季節を表したもので、私達が普段の生活のなかで気付きにくくなっている季節感を、あらためて教えてくれるものでしょう。

いまの時候を心に留めながら歩けば、いつもの街並にも普段は気付かない何かが発見出来るかもしれません。

月名

七月 文月(ふみつき)

七夕の行事として詩歌や書物を供える月という意味や

稲に穂がつくのが見える「穂見月(ほほみつき)」といった語源の説が有ります

 

二十四節気

小暑(しょうしょ) 7月7日頃

    小暑のしめす節気(7/7~7/22)はさらに初候、次候、末候と分けられます。

       (つぎの七十二候を見て下さい。)

 

 「大暑来れる前なればなり。」

 この日から暦の上では夏には入ります。

 この頃に梅雨も開け、暑さも増し夏も盛りへと向かう時期です。

 お着物では、単衣から薄物や麻の着物へと移って行きます。<br>

 暑中見舞も、この小暑の頃から出されるようになります。

 朝顔市やほおづき市など夏の風物詩の便りも聞こえるころです

 

七十二候

鷹乃ち学を習う(たかすなわちわざをならう)

(小暑の末候 7/17~7/22)

今年生まれた鷹の幼鳥が飛び方を覚え、空に舞い上がる時期

 

7月22日

下駄の日 全国木製はきもの業組合連合会が制定
7は下駄の寸法を表わすのに「七寸七分」というように7がよく使われることから。22は下駄の跡が「二二」に見えることから。
著作権制度の日 1899年のこの日、日本で「著作権法」が制定され、著作権制度が創設された

[お誕生日おめでとう] (今日誕生した人)

岡林信康 1946年(昭和21年)生まれ
シンガー・ソング・ライター
家田荘子 1958年(昭和33年)生まれ
ノンフィクション作家
森公美子 1959年(昭和34年)生まれ
オペラ歌手
内村光良 1964年(昭和39年)生まれ
タレント
渡辺典子 1965年(昭和40年)生まれ
女優
薬師寺保栄 1968年(昭和43年)生まれ
プロボクサー
長谷川京子 1978年(昭和53年)生まれ
女優
吉高由里子 1988年(昭和63年)生まれ
女優

[ご愁傷さまです] (今日お亡くなりになった人)

   

[今日の出来事]

1549年(天文18年) イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸。日本にキリスト教が伝来
1871年(明治4年) 鑑札制度が廃止され庶民の旅行が自由になる
1910年(明治43年) トルストイの自宅が火災にみまわれ、大量の原稿が焼失

営業日カレンダー

<<前月 2023/4 翌月>>
27
28
29
30
31
1
2
 
3
4
5
6
7
 
8
 
9
 
10
11
12
13
14
15
16
 
17
 
18
19
20
21
22
23
 
24
 
25
26
27
28
29
 
30
 

    休業日
    展示会

玉川屋呉服店

150-0044 東京都渋谷区円山町5-3(道玄坂上)
03-3463-2527

営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日、祝・祭日(展示会期間中は営業する場合もあり)