イベント

2022年8月  玉川屋 夏Live 2022 「玉川奈々福さん 浪曲の会」


 

ようやく暑さの治まった8月最初の土曜日、

昨年はオリンピックとコロナでお休みした

玉川屋の夏Liveですが、

今夏の初日は、女性浪曲師の「玉川奈々福」さんの

浪曲イベントを開かせて頂きました

 



 

皆さんは、浪曲って聞かれた事がありますか?

ご縁あっての今回の運びとなりましたが

私にとっても浪曲は

子供の頃に祖父とテレビ番組で見たような・・

そんなイメージでしたが

何回か、奈々福さんの公演を拝見して

とても迫力有り、伝わるものがあり

ぜひ玉川屋でもお願いしたいと思ったのですが

ただ、今回の皆さんへのお誘いの際にも

 「浪曲って、こんな感じです」と

なかなかそれが上手く表現できずおりましたが

なによりも、実際に聞いてみて下さる事が

一番、感じて頂ける事と思ってお誘いして

コロナ下にもかかわらず、賑やかにお集まりを頂きました。




 




 

古典の演目と、奈々福さん新作の浪曲を

啖呵(語り)の場と、節(謡い)の場・・声も表情も仕草も豊かに

笑いあり、しんみりとするところもあり

たっぷりと1時間半、楽しませて頂きました。


 











 

はじめに、浪曲のレクチャートークもお伺いして、

浪曲が、落語や講談などの、他の語り芸と異なるのは

演じ手一人だけではなく、三味線の曲師の方との

お二人での、阿吽のやりとりで成り立つ芸であるとのこと、

そう伺って、公演中も拝見していると

浪曲の三味線には譜面はなく

曲師の沢村まみさんは

常に奈々福さんの口元を見ながらのお三味線と合いの手の声掛け、




 

はじめに、浪曲のレクチャートークもお伺いして、

浪曲が、落語や講談などの、他の語り芸と異なるのは

演じ手一人だけではなく、三味線の曲師の方との

お二人での、阿吽のやりとりで成り立つ芸であるとのこと、

そう伺って、公演中も拝見していると

浪曲の三味線には譜面はなく

曲師の沢村まみさんは

常に奈々福さんの口元を見ながらのお三味線と合いの手の声掛け、





 

すぐ近くで、生で拝見できる贅沢さも

楽しませてもらいました。






 

コロナ下で、なかなかお声掛けもしずらい中、

直前でお身内のご体調などでキャンセルの方も有りながらも

お着物をお召しになる場として、お楽しみ下さった方も多く

夏の楽しい一日ともなりました。



 











 

歌舞伎の大向うのように

浪曲にもタイミングに合わせた掛け声があるとの事

 演者の方が出てきたところで「まってました」

 前口上が終えたところで「たっぷりと」

 盛り上がったタイミングで「日本一」

マスクをしなくても良いようになって

掛け声もかけられる中で、

是非またの機会をお作りさせて頂ければとも

楽しみにしております

営業日カレンダー

<<前月 2022/10 翌月>>
26
 
27
28
29
30
1
2
 
3
 
4
5
6
7
8
9
 
10
 
11
12
13
14
 
15
 
16
 
17
 
18
19
20
21
22
23
 
24
 
25
26
27
28
29
30
 
31
1
2
3
 
4
5
6
 

    休業日
    展示会

玉川屋呉服店

150-0044 東京都渋谷区円山町5-3(道玄坂上)
03-3463-2527

営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日、祝・祭日(展示会期間中は営業する場合もあり)